info

2019.08.25

各誌の評

新CD「ディプティク〜フランス・オルガン音楽、再興の時〜」が、レコード芸術8月号で特選となった他、朝日新聞、読売新聞、音楽現代誌9月号、ぶらあぼ各誌から推薦を頂くことができました(8月25日現在)。評論家の方々がとても素敵なコメントを下さって、私はちょっと泣いてしまいました。良かったら、各誌の評をお読み下さいね。
https://ebravo.jp/archives/56218

2019.06.25

新CD発売

小川有紀「ディプティク〜フランス・オルガン音楽、再興の時〜」
新CD「ディプティク〜フランス・オルガン音楽、再興の時〜」が発売されました!
東京藝術大学で博士号を取得して以来ずっと温めてきた企画で、演奏だけでなく解説も私が書きました。これまで支えて下さった皆様に心から感謝します。いつも本当にありがとうございます! 

2019.01.14

日本福音ルーテル蒲田教会

日本福音ルーテル蒲田教会
日本福音ルーテル蒲田教会にて、宣教70周年の記念のオルガン・コンサートを行わせて頂きます。オーベルタン・オルガンはバロック楽器らしい鋭敏な鍵盤を備えていて、客席まで真っ直ぐに伸びる透明な音色も素晴らしいです。

2019.01.14

岩手大学主催「ウィンターコンサート」

岩手大学主催「ウィンターコンサート」
岩手大学主催「ウィンターコンサート」が無事に終了しました。私は、F.プーランクの"オルガン、弦楽とティンパニのための協奏曲 ト短調"で、オルガン・ソロを担当させて頂きました。プーランクは久しぶりで嬉しかった!
牛渡先生の指揮は温かく、オーケストラの自然な音楽作りも好ましかったです。皆さま、またいつかお会いしたいです♪

2018.11.28

那須野が原ハーモニーホール

那須野が原ハーモニーホール
CD制作のため、那須野が原ハーモニーホールのオルガンでレコーディングをしました。ここの楽器はカヴァイエ・コル型といって、今回のテーマである19世紀のフランス音楽に最も適した音色を備えています。録音は2日間に渡って行いました。雑音が入らないよう空調を止めると今度は温度がどんどん下がって音が狂ってしまう…。空調を消したり付けたり、そのたびに演奏を中断して…。モチベーションの維持が大変でしたが、充実して、無事に終わることができました。感謝です。

2018.09.24

札幌でのコンサート

札幌でのコンサート
札幌のコンサート・ホールKitaraで、大麻高等学校吹奏楽部の皆さんと共演し、サン=サーンスの交響曲 第3番、オルガン付きなどを演奏しました。Kitaraは客席数2008を誇るとても大きなホールですから、それに合わせてもちろんオルガンも巨大。ダイナミックな演奏をお楽しみ頂くことができたと思います。大麻高校の皆さんの弾ける若さに背中を押されるようにして演奏しましたョ! クラリネットの井上先生とも初アンサンブルをさせて頂いて、良い時を過ごしました。これはリハーサルの時の写真です。

2018.03.30

トランペット&オルガンのミニコンサート

トランペット&オルガンのミニコンサート
トランペット&オルガンのミニコンサートをしてきました。ソリストのコミシュケさんは、元ミュンヘン・フィルのトップで今はリスト音楽院で教鞭を取られています。 抜群の演奏テクニックと溌剌とした音楽が印象的な方でした。

2018.01.14

岐阜県美術館のオルガンコンサートにて

岐阜県美術館のオルガンコンサートにて
メインのプログラムは、G. フレスコバルディの作品でした。
皆様、あたたかな拍手をありがとうございました。

2018.01.04 sun.

岐阜県美術館にてオルガンコンサートを行います

岐阜県美術館にてオルガンコンサートを行います
2018/1/14(日) 午後2時~、岐阜県美術館にてオルガンコンサートを行います。プログラムはイタリア、スペインの作品が中心となる予定です。美術品に囲まれながら、音楽鑑賞はいかがでしょう。とても素敵なところですよ~。