profile

小川有紀

小川有紀

東京芸術大学音楽学部オルガン科卒業、同大学院修士および博士課程修了。フランス国立リヨン高等音楽院を最優秀賞にて修了。東京芸術大学にて安宅賞。第二回武蔵野市国際オルガンコンクールにて市長奨励賞。東京芸術大学からはオルガンで初の博士号を授与された。オーギュスタン美術館チャペル、オディトリウム・モーリス・ラヴェル、NHK-FM、東京芸術劇場、東京オペラシティ、サントリーホール、国際基督教大学チャペルなどフランス、日本各地でソリストとしてまた声楽や他楽器とのアンサンブル奏者として多くのコンサートを行ってきた。朝日カルチャーをはじめとする市民講座にて講演を行うなど、レクチャー活動にも積極的である。

学位論文は、<Comparaison des messes pour orgue>, <“Introduction etvariations” “Scherzo” de Jehan ALAIN>(ともにフランス国立リヨン音楽院、修士論文)、「フランス古典期におけるオルガン・ミサ」(東京芸術大学、修士論文)、「フランス・オルガン音楽の再興」(東京芸術大学、博士論文)。17, 18世紀の鍵盤作品、教会典礼とその作品、鍵盤音楽の起源についての研究をライフワークとするが、バロックから現代に至るまでの幅広い時代にも対応し、音楽研究と演奏実践の一致を目指している。

一方博士論文の執筆をきっかけとし、19世紀フランスに起源を持つオルグ・エクスプレシフ(リード・オルガン)にも興味を持ち、その修復も試みている。2012年発売のCD「オルガン音楽の12ヶ月〜教会暦に基づく風のタペストリー」は文化庁芸術祭参加ノミネート作品となった。名古屋音楽大学講師。玉川聖学院、日本基督教団下谷教会オルガニスト。

Yuki Ogawa studied organ music and musicology at Tokyo National University of Fine Arts and Music and received her M.A. and Ph. D. as well as the Ataka Prize. Note that she is the first person who received a Ph.D. in organ music in Japan. She also studied at Conservatoire national supérieur de musique de Lyon in France, and received her M.A. with Prix "Très bien." She won Prize of Mayor at International Organ Competition of Musashino City. She is currently an organist both at Tamagawa Sei Gakuin Girls Junior & Senior High School and Shitaya Church (UCCJ).

She has performed extensively as a soloist at halls such as L'Auditorium Maurice-Ravel, NHK-FM, Tokyo Opera City, Tokyo Metropolitan Art Space, etc. and at chapels such as Le Musée des Augustins, International Christian University, etc. She has performed as an ensemble player as well. As a scholar, she gave lectures about organ music and culture at Asahi Culture School, and other citizen' s courses in many places.